追蹤
*★ 夏天的小夏 ★*
關於部落格
  • 48879

    累積人氣

  • 3

    今日人氣

    1

    追蹤人氣

ちょっと話したいだけど

我が国はとっても小さな島で、台湾という国名に名乗ったですが、中華民国とも称されます。だが、四文字の方より、個人的に二文字のほうが一番好きです。なぜなら、四文字の方はよく中国と一緒に取られたのです。けど、実は二つ異なる国です。それぞれに属す政権があって、違う政府システムで、中国の方は集権的な政権に対して、我が国は民主化の国です。

そうです。我が国は民主化の国です。大昔、長く集権政権・蒋介石政府を経った、やっと二十世紀の末に真の民主政権に変わって、これ以上にもっと良い国になれるよに見えだが、2008年の総選挙に民進党が野党になって、代わりに国民党はもう一度与党になりました。大部分の民衆は喜んで政権の移る形はとっても平和ですし、投票の結果で大統領を挙げられたから、完全に民主化の国になったと思いました。一方、民進党政府が政策推進の効率もよくなかったうえで、元大統領は奥さんと一緒に不正のことを散々したという認識があります。

やく八割近くの民衆が今回の選択は間違ってはないと信じ、馬政権にとっても青い目をやりました。もっと一番いい国になれると夢見ました。

確かに、それは夢です。しかも悪夢です。

馬政権はこの四年間、何も出来なかったです。いいえ、できなかったわけではないですが、中国との付き合いは毎年より親しくなってきます。

中国側は前代未聞、使者を我が国に遣いました。

思い出すれば、あの時、とっても混乱でした。

我が国の警察、民衆の税金で養ってる警察はデモした民衆に向かって暴力を、そして国に象徴してる旗を隠されて、中国の旗を高く高く擧げても平気な状態です。

長い時間、我が国と中国との関係は終始敵対です。

あれから、台湾は日々泡のようになります。民進党政府時代、台湾と中国とは別の国だとの認識がやっと国際に広まった成果を簡単に破され、今は台湾は中国の一部分の認識されました。

全部は馬政府の仕業です!

台湾の現況は今、とっても険しいだと思っています。

政府はともかく、この二三日、台湾で一番有名な新聞紙・アップルの売買契約を締結事でもっと危険なところになってきます。

なぜなら、この新聞の買収主の中に旺旺という会社が存在します。

旺旺はこのまえ、中国時報という新聞紙だけではなく、中視というテレビ局までも買収しました。もし、アップルを買収できたら(もうすでにできたんでは?)、台湾で約50%近くのメディアを手に入れたです。

恐ろしい話です。これから、台湾で、本当の記事がありますか。

旺旺の責任者の言動は一番心配されます。

けれど、馬政権だけではなく、与党までもこのことについて一言もしないままで黙っています。

学生団体・野草苺は昨日から今日までもずっとデモしてます。

学者、映画の監督、民衆も現場に応援しました。

馬政府はどうするでしょうか。

望めるわけではないですね。






相簿設定
標籤設定
相簿狀態